現場作業に欠かせないセーフティローダー

工事現場などの現場作業において欠かせないのがその工事を行うための重機です。しかしこれらの重機は基本的には公道を走行することが道路交通法によって禁じられているため、何か自走するということと別の方法を用いて現場にもっていかなければなりません。そのような際に活躍するのが、重機を運ぶことができるトラックの存在です。それらを、セーフティローダーまたはセルフローダーといいます。

これらのトラックは、重機などの大きなものを運ぶことができるものでして、その荷台となる部分が傾き、あゆみ板と呼ばれるところを重機を走らせる、またはあゆみ板自体が動くことによって重機を引き上げることにより、重い重機を運搬することができるトラックです。

セーフティローダーは中型から大型トラックに架装され、セルフローダーは小型から中型トラックに架装されますので、小さなユンボ程度のものであればセルフローダーのほうがその運搬に適しているといってよいでしょう。

実際の工事現場には、重機も限られた数しかありません。ですから、たくさんの現場でその限られた重機を活かすには、その重機の素早い運搬ができることが必須の要件になります。そのてん、このトラックであれば公道を走ってスムーズにそれらの重機を次の現場や事務所に運搬することができますので、非常にスムーズに作業が進むのではないでしょうか。

これらのトラックは中古トラックの市場にも多少はありますが、あまり数が多いとは言い難いでしょう。また、その価格についても正式なトラック買取相場というものが定まっているわけではなく、中古トラック業者との交渉によってその値段を決めていくことも多いようです。ですから、このセーフティローダーやセルフローダーの購入を検討しているのであれば、まずは業者に見積もりを依頼するところから始めることになるのではないでしょうか。

現場の作業をできる限り効率化して、その分たくさんの現場を持てるようにこれらのトラックを活かしましょう。